本文へジャンプ

HOMEの中の岐阜市観光情報の中の観光名所の中の崇福寺
岐阜市観光情報:観光名所

崇福寺

崇福寺
崇福寺
織田信長が斎藤道三の孫の斎藤龍興を亡ぼし永禄10年(1567年)美濃に移ると、ここ崇福寺(そうふくじ)を菩提所とし、保護しました。その後、本能寺の変で信長と息子の信忠が明智光秀に討たれると信長の側室お鍋の方がその遺品を送り寺内に埋め位牌を安置させました。これが現在の「織田信長父子廟」です。
本堂には「血天井」があります。これは、信長の孫織田秀信が慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いで西軍石田三成に加担したため、東軍の猛撃にあい岐阜城は落城しましたが、この時戦死した将兵の菩提を弔うため、岐阜城の床板を、本堂の天井に張られたものです。今でも鎖かたびらや鎧ひだたれの血痕が付着しているのが見られます。
また、「心頭を滅却すれば火も自ずから凉し」と言ったことで有名な快川紹喜が住職を努めたこともある由緒あるお寺で、堂内には貴重な資料が展示されているほか、きれいに手入れされた庭では、秋にはドウダンツツジの紅葉が見られます。
毎年10月第一土曜日のぎふ信長まつりの日に「織田信長公追悼式」が営まれ、まつりの2日間は無料開放されます。

●織田信長父子廟・・・岐阜市指定史跡
●独秀和尚像、斎藤利匡像・・・国重要美術品
●非情成仏絵巻・・・岐阜市指定重要文化財

風景

庭園
庭園
本堂からの眺め<br />(金華山と山頂の岐阜城)
本堂からの眺め
(金華山と山頂の岐阜城)
ドウダンツツジの紅葉
ドウダンツツジの紅葉
織田信長父子廟所
織田信長父子廟所
血天井
血天井
織田信長公愛用櫓時計
織田信長公愛用櫓時計

参考リンク


詳細

拝観時間

3月~10月 9:00~17:00
11月~2月 9:00~16:30

拝観休み

1/15・5/7・8/1・8/5及び特別の場合

拝観料

大人200円 小人150円
団体(20名以上) 大人150円 小人100円
※各種障害者手帳をご提示いただくと、拝観料(ご本人のみ)50円引きになります。なお、介護者の方は届け出があれば50円引きになります。

アクセス

JR岐阜駅(11番乗り場)または名鉄岐阜駅(4番乗り場)から市内ループ左回りバス乗車。「長良川国際会議場北口」下車 徒歩3分
料金:片道210円
運行間隔:約15分毎 所要時間:18分

駐車場

有り バス2台、乗用車12台

住所

岐阜市長良福光2403-1

電話

058-231-2613

地図



前のページへもどる

ページの先頭へもどる