本文へジャンプ

HOMEの中の岐阜市観光情報の中の観光名所の中の中山道 加納宿・河渡宿
岐阜市観光情報:観光名所

中山道 加納宿・河渡宿

旧中山道
旧中山道
江戸時代の5街道の1つである中山道。山谷沿いの険しい道が多く、参勤交代の大名行列は東海道に集中。交通量が少なかったことから婚礼行列によく使われ、通称、姫街道とも。また、伊勢参詣ルートなど庶民の道としても利用されました。江戸から京都までを結ぶ544キロの行程には宿場町が全部で69宿。岐阜市には加納宿と河渡宿がありました。加納宿は美濃にあった16宿のうち最大の宿場町。城下町にある唯一の宿場として、また商工業が盛んだったことから遠く江戸や大阪まで人や荷役の往来が激しかったといわれます。
長良川近くの河渡宿は、米、塩、木材などを運搬する荷役客の利用が多かったようです。規模の小さい宿場でしたが全戸数の約4割が旅籠。川の増水によって足止めされた宿泊客に利用されたようです。
河渡宿跡
河渡宿跡

ファイルダウンロード

Adobe Reader ダウンロードページへ

PDFファイルをご覧になるには、PDFファイルの閲覧用ソフトが必要です。
Adobe Reader(無償)等をお持ちでない方は、左のボタンをクリックし手順に従いダウンロードしてからご覧下さい。※別のウィンドウで開きます。


前のページへもどる

ページの先頭へもどる