岐阜市の観光スポット・季節のイベント・コンベンション支援

岐阜市漫遊

岐阜市漫遊 岐阜城

斎藤道三・織田信長の居城

斎藤道三・織田信長の居城

金華山(きんかざん)山頂に位置し、1201年に鎌倉幕府執事二階堂行政により初めて砦が築かれたといわれています。岩山の上にそびえる岐阜城は、難攻不落の城としても知られ『美濃を制すものは天下を制す』と言われるほどでした。戦国時代には小説「国盗り物語」の主人公である斎藤道三の居城でもありました。その後、永禄10年(1567年)に織田信長がこの城を攻略し、城主となりました。信長は「井の口」と呼ばれていた地名を「岐阜」に、「稲葉山城」を「岐阜城」に改めたといわれています。

天正4年(1576年)に岐阜城を息子信忠に譲るまでの間、「天下布武」の朱印を用いて天下統一の志をかかげ、城下町の復興に力を注ぎました。楽市楽座の保護など当時としては斬新な政策により岐阜城下は大変な賑わいでした。

1600年、関ヶ原合戦の前哨戦の際、信長の孫 秀信が西軍に味方したため、東軍に攻め入られ、激戦の末落城し、天守閣・櫓等は加納城に移されました。

現在の城は、昭和31年に復興され、鉄筋コンクリート造り3層4階構造で、岐阜市のシンボルとなっています。城内は史料展示室、楼上は展望台として多くの人に親しまれています。

日没~夜10時まで岐阜城はライトアップされ暗闇の中にその姿が浮かび上がります。

眼下に広がる壮大な景色

眼下に広がる壮大な景色

展望台からの眺め(長良川方面)

展望台からは眼下に清流長良川、東には恵那山や木曽御岳山、北には乗鞍・日本アルプスが連なり、西には伊吹山・養老山脈、南には伊勢湾などが連なる壮大な眺望を楽しむことができます。

岐阜城パノラマ夜景

岐阜城パノラマ夜景(長良川方面)

岐阜城パノラマ夜景(長良川方面)

岐阜城パノラマ夜景(名古屋方面)

岐阜城パノラマ夜景(名古屋方面)

岐阜城は期間限定で夜間も営業し、展望台からは360°の夜景を楽しむことができます。宝石箱をひっくり返したような輝きは、夜景スポットとして人気を集めています。

【平成26年 岐阜城パノラマ夜景日程】
4月26日(土)~ 5月 6日(火・祝)毎日21時30分まで
7月19日(土)~ 8月31日(日)毎日22時まで
9月 6日(土)~10月13日(月・祝)土・日・祝日21時30分まで

風景

岐阜城資料館

岐阜城資料館

岐阜城のすぐ東にあります。昔の武器庫・食糧庫を隅櫓城郭造りに昭和50年に復元したもので、内部には岐阜城関係の資料等を展示しています。(岐阜城との共通入場券)

ライトアップされた岐阜城

ライトアップされた岐阜城

日没から22:00まで(夜景期間中は減灯します。)

マップ

岐阜城周辺MAP

参考リンク

岐阜城ホームページへ(岐阜市HP内)
別のウィンドウで開きます

詳細

■開館時間

3月16日~5月11日 9:30~17:30
5月12日~10月16日 8:30~17:30
10月17日~3月15日 9:30~16:30

【パノラマ夜景】
平成26年
4月26日(土)~ 5月 6日(火・祝)毎日21時30分まで
7月19日(土)~ 8月31日(日)毎日22時まで
9月 6日(土)~10月13日(月・祝)土・日・祝日21時30分まで

■入館料

大人(16歳以上)200円
小人(4歳以上16歳未満)100円
団体割引 30人以上2割引

【金華山ロープウェー運賃】
大人(12歳・中学生以上)往復1,080円
小人(4歳以上12歳未満)往復540円
※パノラマ夜景期間中の午後6時以降は大人往復900円 小人往復450円

■休館日

年中無休

■アクセス

JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から岐阜バス「N80高富」行 他、行先番号「N32」~「N86」の岐阜公園・高富方面行き及び「市内ループ左回り」で15分片道210円 「岐阜公園・歴史博物館前」下車 → 徒歩3分 → 金華山ロープウェー(3分)→ 徒歩8分 → 岐阜城 ※金華山山頂・岐阜城へ車で行くことは出来ません。

■駐車場

岐阜公園駐車場

■住所

岐阜市金華山天主閣18

■電話

058-263-4853

■地図

観光名所一覧へ トップページへ