岐阜市にまつわる歴史や文化、
観光情報などをクイズ形式で出題します。
また、岐阜市に関する
耳寄り情報も随時お届けいたします。

2008年01月30日(水)

第11問:答え 1567年(永禄10年)岐阜城主となった戦国時代の武将は?

戦国時代の1567年(永禄10年)、難攻不落の城といわれた稲葉山城(後の岐阜城)を攻め落とし、天下統一の足がかりとした武将は?
答えはわかりましたか?

正解は、

織田信長

です!

織田信長は、1567年(永禄10年)稲葉山城を攻略し城主となると、地名を「井ノ口」から「岐阜」に「稲葉山城」を「岐阜城」に改名しました。
安土城に移るまでの約10年間、「天下布武」の朱印を用いて岐阜から天下統一を目指しました。

参考リンク:織田信長と岐阜

Posted by 岐阜観光コンベンション協会 at 16時35分

ページのトップへ ページのトップへ