本文へジャンプ

HOMEの中の岐阜市観光情報の中の観光名所の中の常在寺
岐阜市観光情報:観光名所

常在寺

常在寺
常在寺
斎藤家の菩提寺。斎藤道三とその父・長井新左衛門尉が二代にわたり美濃国を制する拠点とした寺です。長井新左衛門尉は、京都から美濃へやって来た商人出身と言われています。
正式名は、鷲林山常在寺(じゅりんざん じょうざいじ)。日蓮宗、京都妙覚寺の末寺です。
室町時代の宝徳2年(1450年)土岐家守護代として権力を持ち、当時事実上美濃を支配していた斎藤妙椿(みょうちん)が建立しました。後に道三が菩提寺とし、道三以後三代の菩提寺となっています。
毎年4月の第一土曜日には道三まつりにあわせて「斎藤道三公追悼式」が営まれ、まつりの2日間は無料開放されます。

●絹本著色斎藤道三像・・・国指定重要文化財
●絹本著色斎藤義龍像・・・国指定重要文化財

風景

境内にある斎藤道三公供養碑
境内にある斎藤道三公供養碑
斎藤家五輪塔
斎藤家五輪塔
本堂の様子
本堂の様子
斎藤道三・義龍画像<BR>通常は複製の画像が公開されています。
斎藤道三・義龍画像
通常は複製の画像が公開されています。
様々な史料が展示されています。
様々な史料が展示されています。

参考リンク


詳細

拝観時間

4月~10月 9:00~17:00
11月~3月 10:00~16:00

拝観料

大人150円 小人100円
※各種障害者手帳をご提示いただくと入場料等が減免となる場合があります。詳細は施設にお問い合わせください。

休館日

無休

アクセス

JR岐阜駅(11・12・13番乗り場)または名鉄岐阜駅(4番乗り場)からN系統(長良橋方面)及び市内ループ左回りバス乗車。「岐阜公園・歴史博物館前」下車 徒歩5分
料金:片道210円
運行間隔:約5分毎 所要時間:15分

住所

岐阜市梶川町9

電話

058-263-6632

地図



前のページへもどる

ページの先頭へもどる